何故、購買管理は必要か?


何故、購買管理は必要なのでしょうか?

2007年の中小企業白書によると、法人企業では、売上原価に占める材料費の割合は52%でした。

売上原価の中で、50%以上を占める材料費の調達、購入が企業の売上や利益を左右するようになっています。

大きいですね。

その為、単に必要なものを、ばく然と購入するというだけでは十分ではありません。

適正品質のものを、適正な時期に、適正な数量を、有利な価格で購入することが必要です。

そのために、購買管理活動が必要になってくるわけです。

購買管理では、具体的には次のようなことをおこなう必要があります。
  • 用途(仕様)に対して最も適したものを選び購入すること。

  • 納期に間に合うように購入すること。

  • 安定して確保すること。

  • 在庫を持つ購入品は、在庫投資を最小にし、かつ在庫切れも無くすようにすること。

  • 健全な財務内容を持つ仕入先より購入すること。

  • 無駄のない輸送手段で購入すること。

  • 最小の購買費用で購入すること。

などです。

購買管理は重要ですね。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
11:022310