購買管理システム


購買管理をおこなう購買管理システムについて説明します。

最近は、一般的に購買管理システムは、単体のシステムとして運用することは殆どありません。
生産管理システムや、在庫管理システム、財務管理システム、販売管理システムなどと一緒に、連携して動かしてゆきます。

購買管理システムは、ERPの機能の1つとして提供されている場合が多いです。

ERPとは、Enterprise Resource Planning(統合業務パッケージ)と呼ばれています。
データベースが一元化され、各サブシステム、会計、購買、在庫、販売、生産が連携されていて受注から生産、出荷、売上まで管理できる統合化されたソフトです。

ERPについては、別途、説明していますので、そちらをご覧ください。

■購買管理の流れは、大きく次のようになっています。
使用するシステム名を記述しています。
  1. 見積もり依頼

  2. 契約

  3. 発注
    購買管理システム/生産管理システムが担当しています。

  4. 入庫、検収
    在庫管理システムが担当しています。

  5. 支払い締め
    購買管理システムが担当しています。

  6. 支払い
    財務管理システムが担当しています。


この中で、購買管理システムの担当範囲は、「3」と「5」です。


■購買管理システムの流れを説明します。

一般的な購買管理システムは、次のようになっています。
詳細な流れです。
  1. 発注伝票(注文書)を作成します。
    発注伝票(注文書)を作成します。

    製造業で、材料や部品を発注する場合は、生産管理システムの中でMRPなどをおこない材料や
    部品の調達計画を作成します。
    この情報で仕入先に材料や部品を注文してゆきます。

    MRPは、別途、説明していますので、そちらをご覧ください。

  2. 仕入伝票を作成します。
    材料を受け入れたとき(入庫)に納品書とともに仕入伝票を作成します。

    この時点で、受入、検査、検収をおこないます。

    発注伝票を仕入伝票で受け入れます。
    材料や部品の入庫は在庫管理システムでおこないます。
    在庫になります。

  3. 支払いの締切り
    仕入先ごとの支払額を確定し、支払い書を発行するために締切りをおこないます。

  4. 支払書を発行します。
    支払明細書を発行します。

  5. 支払内容を確認します。
    支払い予定額や支払い方法、支払額などの支払内容を確認します。

  6. 出金伝票を作成します。
    支払伝票を出金伝票に入力します。
    買掛金になります。

  7. 振込依頼書を作成します。
    買掛金を銀行振込みするための振込依頼書を作成します。




[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
08:450803