部品表(BOM:Bill of Material)


■部品表、またはBOMってご存知ですか?

BOMとは、Bill of Materialsの略です。
日本語で言うと部品表とか部品構成表とか呼んでいます。

部品表と呼んでいる場合が多いですね。

JISでは、部品表ではなく部品構成表と呼んでいます。
JISでは、次のように定義されています。

「各部品(製品も含む)を生産するのに必要な子部品の種類と数量を示すリスト。」
です。

製品別の生産計画から、部品・材料がいくつ必要かを計算するための部品の構成のデータです。

組み立て製造業には、絶対に必要ですね。

製品から、材料や部品の必要量を計算するときには、絶対に必要です。

生産管理システムや購買管理システムには、大体あります。
一般的には、生産管理システムが持っている場合が多いです。

材料や部品がないと製品を組み立てることができません。
部品が、数千点なんかなると必要数の計算は手計算ではできません。

コンピュータで計算する必要があります。

材料や部品の必要数量の計算を部品展開と呼んでいます。
その後、正味の材料や部品の発注する必要数量を計算します。
これを所要量計算と呼んでいます。


部品表(BOM)には、2種類あります。
サマリ型とストラクチャ型です。
  1. ■サマリ型とは、構成部品の数のみ入力します。

    例えば、
    Aを1個、生産するには、部品Bが3個と中間製品Cが1個必要だとします。
    中間製品Cは、部品Bが2個必要だとします。

    このとき、サマリ型では、A製品1個に対して部品Bが5個必要だと入力します。
    必要な部品の数だけ計算することができます。

  2. ■ストラクチャ型では、中間製品も入力します。

    上の例ですと

    A--+-----------B X 3
       +---C X 1---B X 2

    この構成で入力します。

    これを、コンピュータでCの中間製品の必要数量とBの部品の必要数量を計算します。

システムの中には、CやBの工数や標準リードタイムを入力できるものもあります。

製品の生産計画に基づいて、いつ中間製品Cや部品Bが必要なのか計算することができます。

部品表は、どの材料や部品が、どの製品に使用されているのかを、把握することができます。


とても重要なデータです。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
11:022310