MRP2(生産資源計画)


■今回は、MRPを発展させたMRP2について説明します。

■前回、MRPについて少しお話しました。

MRPとは、Material Requirements Planningの略です。
日本語で言うと、「資材所要量計画」と言います。

部品や、材料の計画を立てることです。

でも、それだけだと納期を守れませんね。

製造や、出荷のことなどもっと広く考える必要があります。

そこで、MRP2が出てきました。

「MRP2(本来はギリシャ文字の2です)」は、Manufacturing Resource Planningの略です。
日本語で、「生産資源計画」と呼ばれています。


MRPでは、材料や部品だけだったのですが、生産能力計画、人員計画、物流計画までカバーします。

全部の工程を考えて出荷計画、生産計画、部品の調達計画を立てます。

納期だけではなく、生産能力や、材料や部品なども考えて製品の生産計画や材料や部品の調達計画を作成します。

生産能力については、「山積み」のみ行うものや、「山積み」と「山崩し」まで自動で行うものなど、いろいろあります。

現在の、生産管理システムは、MRPだけのもの、MRP2まで考えたものがあります。

ピンからキリまであります。

MRP2まで考えたシステムは、かなり良いですね。
でも高価です。

あなたの会社が、生産管理システムや購買管理システムを導入する場合は、どこまでカバーしているか確認した方が良いですね。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
10:170710