ERPパッケージ(MRPからERPへ)


■最近のシステムは、ERPパッケージやERPシステムが増加しています。

「ERP」は、Enterprise Resource Planning(統合業務パッケージ)と呼ばれ、データベースが一元化され、各サブシステム、会計、購買、在庫、販売、生産が連携されていて受注から生産、出荷、売上まで管理できる統合化されたソフトです。

一般的に、購買管理システムは、ERPパッケージやERPシステムのサブシステムになっています。
そして、生産管理システム、在庫管理システム、財務管理システムと密接に連携して購買管理業務を効率的にサポートしています。


■ERPはどのように発展してきたのでしょうか?

ERPは、最初からERPが出来たわけではありません。
MRPから、MRP2、そしてERPへと発展してきました。

以下、順番に説明します。

■MRPからERPへの概念の拡大

MRPからERPへは以下のように変わってきました。
  1. MRP(エムアールピー)
    1970年代、特に工場内の組立製造業で資材部門の部品展開にMRPが使用されました。

    「MRP」とは、Material Requirement Planning(資材所要量計画)と呼ばれ、部品表と基準生産計画をもとに資材の所要量を求め、これを基準に資材の発注、納入、出庫をコントロールするシステムです。

  2. MRP2(エムアールピーツー)
    次に1980年代にはいり工場内から企業内(主に製造業)に範囲が広がり、資材部門の部品展開のみから機械、要員の工場内の生産能力計画、物流計画を含むようになりました。

    「MRP2」は、Manufacturing Resource Planning(生産資源計画)と呼ばれ、MRPを生産能力計画、人員計画、物流計画までカバーするシステムです。

    MRPでは、資材購買のみでしたが、MRP?では、生産から出荷までカバーしています。
    MRPの改良版です。
    MRPもMRP?も生産計画の指示は、すべて中央の計画立案部門から全工程に同時に押し出されていくので、「押し出し方式(プッシュ方式」と呼ばれています。

    反対のやり方に「かんばん方式」があります。
    「かんばん方式」は平準化生産を基礎として後工程からの必要な必要量(かんばん)をもとに、最終工程から前工程へと必要数量の生産指示が流されていきます。 
    その為、かんばん方式のことを「引っ張り方式(プル方式)」と呼ばれています。
    SCM(サプライチェーンマネジメント)です。
    SCMをシステム化したものが、SCP(サプライチェーンプランナー)です。

  3. ERP(イーアールピー)
    1990年になり、海外を含むグローバル化の進展と、管理の範囲も企業内から企業間に広がり、また製造から受注、出荷、財務、会計など企業内経営資源の殆どを含むようになりました。

    「ERP」は、Enterprise Resource Planning(統合業務パッケージ)と呼ばれ、データベースが一元化され、各サブシステム、会計、購買、在庫、販売、生産が連携されていて受注から生産、出荷、売上まで管理できる統合化されたソフトです。

■ERPパッケージの発展のしかたとしては

MRP/MRP2などの計画からの発展と、販売、人事、会計などの個別業務パッケージソフトからの発展が融合してERPパッケージソフトが生まれました。

ERPの生産管理の中には、MRPやMRP2のやり方が入っています。
最近では、SCP(サプライチェーンプランナー)が入ったERPもあります。
(SCP専門の会社もあります。)

■ERPパッケージは何が出来るのでしょうか?

■ERPパッケージの導入目的

ERPを導入することにより
  1. 全世界の企業の業務ベストプラクティスが利用可能\n
  2. リアルタイムへの対応
  3. 情報処理コストの抑制
    コンピュータ関連のコストは年々増大し大きな負担になっている。
  4. 短期で安くいいものが出来る
  5. オープン/マルチベンダ環境の実現
  6. グローバル化 
  7. 統合データベースの実現
  8. システムジャングルの解消

を達成することです。

■またそれにより以下の経営の目的をも達成することです。
  1. キャッショフローの向上
  2. 在庫削減
  3. 間接コストの削減
  4. 縦割りの非効率な会社の動きの改善

などです。

これが、究極の目的です。

■ERPパッケージの基本コンセプトは何でしょうか?

ERPパッケージのコンセプトとしては、
  1. オンライン統合化システム
    ひとつのデータベースを使用し受注から出荷までを一元化している。
    また購買・現場・経理検収も一元化されている。

  2. パラメータによるカスタマイズ
    企業の事情にあわせてカスタマイズできる。
      
  3. リアルタイム更新
    リアルタイムでデータ更新が可能である。
     
  4. データの共有化
    システム全体のデータ構造が標準化されている。 
    これによりデータの整合性と正確性が実現される。
     
  5. システムのオープン化
    他のコンピュータやシステムと接続可能である。

などです。


最近では、中小企業のためのERPパッケージ(ERPシステム)も多くのERPベンダーからサポートされています。

値段もかなり下がってきました。

購買管理システムを単体で導入するよりも、ERPパッケージとして導入するすることを検討するのも良いのかも知れません。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
11:022310