ABC分析(ABC管理)


■在庫削減をおこなうときは、ABC分析やABC管理が非常に有効です。

どれが重要かを判断するときにABC分析やABC管理ってよく聞きますね。

品質管理ではパレート分析などと呼んでいます。

購買管理でおこなう、ABC分析は材料や部品の在庫に関するものです。
在庫金額や在庫量についてABC分析をおこないます。
目的は、品切れの防止と資金繰りの改善です。
とても重要ですよ。


ABC分析は、知っておいたほうが良いですね。

材料や部品の品目が1000種類あった場合に、全部に対して、在庫削減なんかおこなったら、人や時間がいくらあっても足りません。

効率よくおこなう必要があります。

多くの材料や部品などを購入している企業では、品目別の購入金額(購入価格 X 購入量)や購入価格が高額のものや低額のものがあります。

毎月の購入金額が、1000万円のものと1万円のものでは、当然在庫の管理のやり方は代わりますね。

そこで、購入金額と購入品群との関係を見てみると、一般的に見られる一つの経験則があります。

それは何でしょうか?

それは
「購入金額の80%は、全購入品の中の上位20%で占められている」
というものです。

俗に、「80:20」の法則とも呼んでいます。

購入金額全体の中の、80%を占める上位20%の購入品の品目をAグループとします。

このAグループは、品質や納期及び支払いに与える影響が大きいため、納期遅れや品質不良などを絶対に出さないように、重点管理をおこなう必要があります。
購買の発注については、定期発注方式が適しています。

Bグループは、購入金額全体の中の80%から90%を占める購入品群でAグループよりは、ゆるい管理に
なります。
購買の発注については、定量発注方式が適しています。

Cグループは、A、Bグループ以外の購入品群で、発注手続きについてはあまり手間がかからないような
簡易発注方式などを採用します。
ダブルビン方式などがあります。

この、A、B、C、グループ別に分析することを、ABC分析、管理することをABC管理と呼んでいます。


ABC分析やABC管理は、発注などの購買のやり方だけに適用するのではなく、在庫管理についても、
適用した方がよいです。
在庫管理もグループ別に適切な管理をおこなう必要があります。

ABC分析やABC管理は、重点管理の重要なやり方です。

いろいろな所に適用される方法です。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
10:170710