現物管理の改善による在庫削減


■材料や部品の現物管理のやり方の改善によっても在庫削減をおこなうことができます。

現物管理は、実際の物の管理ですね。
次のような、改善方法があります。

  1. 品目別に所定の置場所を設定します。
    品目ごとの基準在庫量とスペース、そして置場を決めます。

  2. 保管場所を極力集約します。
    保管場所は極力集約化して管理しやすいようにします。

  3. 極力、先入れ先出しできる保管場所にします。
    発注防止や品質劣化による不良在庫の発生を防ぎます。

  4. 荷姿の標準化を図ります。
    標準荷姿で必要数だけ仕入れます。

  5. 保管スペースを縮小します。
    保管スペースを大きくすると在庫が多くなる恐れがありますのでなるべく小さくします。

  6. 社員の在庫削減に対する意識の向上対策
    全社的に在庫削減のための改善活動を展開します。
    在庫削減目標を設定し、毎月実績を把握して評価するようにします。


実際の在庫量が一目で分かるように管理することが大事です。
目で見る管理ですね。



[↑一番上へ]
[購買管理でコスト削減(ホームへ)]
08:450803